Who am I ?

Loss of Senses When being

2ヶ月前の世界と私。それは虚空。

世界は私だけ。虚空な存在を、存在と認識した瞬間から、私に溶けてしまう。溶けると、私が私を変容したかのように、外界を見渡しながら、その存在が否応なしに入り込む。要らない、って拒んでも、世界が入り込んで、私が現実を知ってしまう。外界と遮断したいなんて、できないのよ。みんなと離れた場所に居たくとも、変容した世界に取り込まれたから、逃げ出すこともできない。もう、そんなに引きこまないで、と叫んでも、溶けてしまった属性。 私から、私から、唯、唯、愛する虚空を取り出して、虚空だけに身を置いて居たいのに。虚空の存在を認めた瞬間から、虚空は存在しなくなる。認めなければ、別離のものだから。ずっと、その別離に浸ることが、最高よね、って思っていながら、世界が入り込み、虚空をも引き込んでしまう。虚空が別離であったら、私は虚空を眺めながら愛することができたのに。

独り占めの時間、一致しないもの。

結局あれこれ考えていて、眠りにつけずに過ぎ去ってしまった。今日は当直なので、幾分少しまだ余裕がある。サイクルが整わないことは、よくあること。今から休めばいいだけなのだ。朝から休むことも、しばしば。夜の静けさに引き込まれたからね。何事も、それでまあいいのか、と思い込めば、それで良いことになる。睡眠の足りなさは否めないが。お昼から翌日お昼まで勤務。少しくらい、時間を贅沢にしてもよいかな。たまには、わたしの好きなように、時間を独り占めにしたい。言葉と出来事は、必ずしも一致しないから。あらゆる存在するが、そうなのよね。朝から、おやすみなさい。

三元論の世界へ

森博嗣センセの作品、最近良さが分かるようになってきた。と、言うより、おそらく、自分が似たような思考回路になってきたのかもしれない。感覚がフィットする、読んで、そのまま落ちて行く。ズレがあるんだと思う。世界からのズレ。逸脱ではなく、三元論の世界、という感覚かな。権威や属性を三元論として表現している。ズレながら、ズレない現実さがあり、三元論の世界を展開し、スルッと私も落ちていく。落ちた感覚が、心地よい。美学と表現したい。これからも、隙間時間に読み続けるだろう。

タイトルのないタイトル

あまりの忙しさに、また自分を置いてしまった。前半期だった。すっかりこの存在を忘れてしまい、急に思い出し、綴っている。と、いうより、アウトすることすら放棄していたので、急に前半期の感情を書かずにいられなかった。時に、ツイッターくらいはした程度。あれはあまり私的感情をだだっと流すのには、抵抗があった。私には紙、という媒体に感情を記せない。ノートに書いてみよう、と思い、たまたまノートを手にしてみたが、全く書ける気にならなかった。なぜか、わからないけど、誰にもみてもらいたくないような、誰かに見てもらいたいような、感情があるのだと思う。今日は、大学にパソコンを置いてきてしまい、スマホで綴っているから、少し不便。目が覚めたけど、前半期の疲れから、まだ、頭がクリアーになれず、あと少しだけ休みたい。それから、今日は向かおう、と思う。忙しくいけなかった場所も幾つかあり、多少のタスクをこなす日でもあるから。急いでも、ダメな時はあるから。


昨日はあまりに疲れ、課題を指導教員に見せたあと、いつもなら、すぐに修正をかけるのだが、それもせずに、久々に学食に寄ってから、大学の片隅で寝てしまった。不眠症の私が、あんなソファーで寝てしまうなんて、、、意識が飛んだ午後だった。同じゼミの子が、遠くから、ドイツに行くのに必要な書類が、って声で目が覚めた。飛び起きるように、ハッと一瞬混乱して覚めた。あんな経験、人生で3回目。まあ、それだけ疲れていたんだな、と意識が戻って、感覚が感覚となった。 まだ綴りたいけど、少し休みたいから。

See you later.

感情を取り戻す作業

結局、夕方から大学に行き勉強しました。

夜はひんやり。静かな学内で、一息つきながらコーヒー片手に少しだけ、ふわっとできました。帰宅してから早く寝よう、と思いきや、余計なことをしていればこんな時間に。そういう時間がなかったので、少しの贅沢な時間です。また明日、いや、今日から、お仕事へ行くので、勉強は一時中断です。早く寝なきゃ。

昨年はひどく心が荒んでいましたが、ようやく感情を取り戻した気がします。何もかも失ってしまった心の崩壊性と時間。大学も後期は行けないほど、心が痛んでいたと思います。いや、そうでした。4月になり、新しい環境、ゼミの皆、友人のおかげで、少しずつ荒んだ心に、感情が戻ってきたと思います。昨年は、辛いとか、そういうものすら感じられなかった。消えてしまいたいと思っていました。全て失いたい、と。誰も信じられない、怖かった。いつも、加藤ミリヤの曲を聴いていました。また彼女の曲からも救われていました。邦楽は殆ど聴かないんですが、昨年から聴くようになりました。

『Lonely Hearts』は好きです。JUJUの『この夜を止めてよ』は、本当に本当に、言葉を失う、感性の中、√citの世界でした。今、少しずつ時間が動き始めたところです。まだ揺れていますけどね。

今朝の呟き

毎日同じ内容ですが、、、、

今朝は、大学へ行く準備をしていましたが、疲れが幾分残っている為、無理せずに。

明日から怒涛の日々が始まるので、とにかくセーブ。

午前の指導をお休みした、罪悪感のような感情があって。。。。

私は、私なので、、、、、、、そう切り替えにないとやっていけないです。

 

短時間集中でパフォーマンスを上げ、コントロールすることに。

ツイッター程度の呟きですがね。

また、今日も、呟きます。多分。

ここでは、あまり専門的なことは書かないと思います。こちらはリセットなので。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、そして時間、多様性

文献演習以外は、基本PCへ打ち込んでしまうんですけど、講義終わりに一気に今月分が飛んで消えてしまい、パニックになりながら、急いでゼミへ。

終わる頃には、なぜか復旧。文献上、特殊なダウンロードが必要で、先日から色々教えてくれたゼミの皆には感謝。帰り側にもセットアップ+入力までしてもらって、本当にありがたいです。ありがとう、ありがとう。オシャレカフェへいこう約束。唯、皆忙しいよね。私も然り。

 

大概毎回同じことしか書けませんが、本当に毎日がぐったりです。

 

まだ課題分、1シュローカーしか訳せていないので、せめて4シュローカーは訳して、レジュメ持参したいので、明日の指導はおやすみにしてもらいました。人それぞれペースがあるようですが、私はやはり全てが自由な時間とはならないので、5月は2週に1度のペース。唯、リミットがないと人間はやらない、その上、絶対に間に合わないので、7月までは何とかざっと読めるように毎週にしたい。あとは体調次第。アスリートと同じですね。いかに万全な身体と精神を維持できるか。どちらも弱いので、本当に苦行に近いです笑

 

今日は唯一の追われない夜。今朝は4時前には目が覚めて、ざっと勉強してから身支度。実質4時間しか睡眠がとれていないので、今日は早々休んで、また明日朝から勉強へ。縛りがない日くらいは早く休みたいですね。そしてパフォーマンスが高い時に勉強するのが良いです。入力は疲れてもできるので、サンスクリット読解から開始します。英訳は先がいいですが、簡単にざっとだけ。それからローマナイズして、サンディ外して、変化形を考える作業へと移ります。とにかく毎日読みこまないと、進まない。文献取り寄せも、追加であるので、一気に注文しないといけませんが、文献選びも困難極めます。メジャーではないので、これだけでも、相当時間がかかります。海外の先行研究と文献は大変。

 

平日勉強時間を確保することの困難さ、連休はもちろん仕事なので、本当にそう考えると、僅な時間でも惜しいです。こうして、綴りながら、時間に縛られていることを実感します。

 多様性を受け入れることができる余裕が、今はなく、すべてからシャットダウンタウンしたくなる時が多いです。外界と遮断しないと、精神がおちるのです。余裕できる時、すこしは多様な形も見ることができるかもしれません。

 そこまでして論文、、、、、、書こう。世界は広がるので。

彼は実績と瞬発力で、幾分自由に見えて、、いや、あれは自由だ。大学も違うので自由な校風もあり、、、、見ていないけど、、、、これくらいに。

 

 

 

 

 

院生と社会人の間

外国の文化、ことにインドの文献を読む時、日本の考えは捨てないといけない。スリランカの留学生からレクチャーしてもらいながら、完全に違うと思った。

 

日本の感覚で、本を読もうが文献を読もうが、理解困難な話しである。

私をつくり上げるもの、その要素があるから、最終的に私がこの肉体を得て、感覚を感覚として認識する。Ayur veda Dictionaryを落としたのでひとまずこれで、用語を理解しないと、全くできない。Apteが使えない世界まできたのか、、と。今週木曜までわずかな中、全力でレジュメ作成。逃げないで。。。。

 

ゼミの皆が病んでいる理由、よくわかる。唯、皆のおかけで、助けられている。本当に感謝。美味し差し入れ持っていこう。学会出れるまでやり遂げたい。そう思うようになった。腹を括ったから。

 

しかし、この生活は辛い。辛いを通り越す。この生活はどこに、どう時間をつくり、生きていけばよいのか。とにかく帰宅の途。コーヒー飲んで、一息つこう。

早く寝よう。先週から殆ど寝ていない。今週も同様。

 

 

 

kitaku no to

猛烈に虚脱疲労が襲いかかる。

 

 

ようやく帰宅の途に着く。

 

 

無目的な日が欲しい。

 

 

何しようかな?って。

 

 

映画見ようかな、最果タヒ読もうかな、林典子写真展に行きたいな、洋服みたいな、とか、そういう目的性がある無目的。

 

 

今はタスクの中にどう必要な事項を埋め込むか、考えながら生きている。

 

 

生きている、というより、せねばならない未来と過ぎ去りつつある時間が、私を覆う。

 

 

それ以外ない。

 

 

なぜか、無性にこのページに来たくなる。

 

 

この生活が、そういうもの、と慣れてしまうまでは、時間がかかるだろう。

 

 

今も、勢いよくPCに向っている自分をみると、早く寝ればいいのに、と思ってしまう。

 

 

生き急がず、ゆっくり過ごせればそれが一番いい。

 

 

だけれども、今、この瞬間の連続が、切り開くものとなりうる直感がある。

 

 

こういう本能としての直感と、わずかなモラトリアムをやめてしまうことは簡単。

 

 

やめてしまうことは既にできない。

 

 

選んでしまったから。

 

 

流れに逆らわない。

 

 

 

 

脳が働かず、書いて内容も支離滅裂だろうが、この瞬間、巡り合わせは、今後二度とないだろうから。まだ綴りたいけど、1週間が8日な私には、今日はここまで。

 

 

 

 

 

See you !

 

 

 

 

 

 

 

 

服装、姿、生き方

ようやく帰宅の途についた。家を出てから、20時間経過。さすがに、多大な荷物とちょっと細身スタイルを選んだせいか、マンションの静かな空間に癒される。基本、黒が好き。今年は、薄いピンクスキニーにトライ。意外といい感じ(自分で言うのも自惚れている)。スラッと決まると、気分が違う。だから暖かい日は好き。体型なんかすぐ変わるから、今のうちだけかもしれないし。これまでは、スカートを履かない日が考えられなかったけど、今はスカートじゃないのもいいかもね、と思える。色々変えていきたいな。髪の毛、茶色も飽きたし、黒髪でもいいかな、とか。だいぶ髪も伸びて、そのままふわゆる、みたいなのもいいかもしれない。それしか楽しいことないからね笑(院と社会人の往復だから)。留学生の不思議な生活や生き方に刺激を受け、キメキメなのは卒業して、誰かの目を気にして、ではなく。自分をデザインすればいいのよ。人の姿は、生き方が出るから。